中高年のためのお役立ちブログです。サバイバルのノウハウを体験型で記していきます。

【実例】アマゾン 月次概要レポートの出し方 確定申告

アマゾンマーケットプレイスでは、売上や入金などが記されたリポートには大別して2種類あります。いずれもセラーセントラル(アマゾンの販売管理サイト)から入手できます。

2種類とも確定申告や帳簿整理、決算処理などで必要になります。次の2種類です。

  1. ペイメントレポート(入金ごとの入出金内訳)=ほぼ2週間に一回
  2. 月次概要レポート(月ごとの入出金内訳)=月に1回

ここでは、2の月次概要リポートを解説します。月ごとの売上や手数料が書かれた表です。

1のペイメントレポート(支払明細書)の出し方は下記で解説していますので、参照ください。

【実例】アマゾン 支払明細書(振込明細)の出し方 確定申告

最終的には、いずれも1年分をダウンロードして、プリントアウトします。手間はかかりませんが、3月の確定申告が近づくまで放っておくと焦りますので、早めに入手してください。

しつこいですが、この記事は2の「月次概要リポートの出し方」です。この記事を見ながら、手を動かしながらやってみましょう。

セラーセントラルからペイメントへ

まず、アマゾン販売ではおなじみのセラーセントラル(販売管理画面)を開き、レポート→ペイメントと進みます。

月次概要レポートを入手したいので、「期間別レポート」をクリックします。

レポートを作成しましょう。「レポートを生成」をクリック

レポートの種類と月次を指定する

ポップアップ画面になります。

「概要」と出力したい「月」を選び「レポートの作成」をクリックします。ここでは、2020年12月分を出力します。

2020年12月分については、年が明けて、2021年1月にならないと見られません。当たり前ですね。

ダウンロードの準備ができるまで、やや間があきます。

しばらくしたら、キーボード上部のF5を押して、リロードしてやりましょう。

「ダウンロード」という表示になったら、クリックします。

ダウンロードするファイル名は2020年12月分なら

202012月MonthlySummary.pdf

となりますね。

PDFファイルです。

ファイル名はそのままでいいでしょう。ダウンロード先は、デスクトップでも、月次概要2020というフォルダーでもかまいません。

迷子にならないよう注意しましょう。ただ、消えたら何度でもダウンロードできますので安心ください。

月次概要レポートが完成

ダウンロードしたファイルを開いてみましょう

これが月次概要レポートです。

売上やら、収入や支出、手数料やらレポートにはいろいろな項目の金額が書かれていますね。目がチカチカしますが、ここでは個々の項目の説明を割愛します。

数字に一部モザイクをかけていますが、全部消さないと意味がありませんね(笑)。

大したプライバシーでもないので、ご愛敬、気にしないでください

1年分をまとめてダウンロード

12月分をダウンロードしましたが、確定申告では1月~12月分が必要です。まとめて一挙にダウンロードしてしまいましょう。

30分あれば終わります。まとめフォルダーの中身は次のようになります。

プリントして確定申告に備える

これを1年分(12枚)プリントすれば、会計の帳簿をつける時の証明となる月次概要レポートの完成です。

もし、3年前からアマゾンマーケットプレイスで販売をしていて、月次概要レポートを入手していなかったら、上記の方法で出力ができると思います。さかのぼってダウンロードし、パソコンに保存しておくのもいいかもしれません。

アマゾンの月ごとの売上がすべて分かるので、税務調査などいざというときの提出資料にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です