中高年のためのお役立ちブログです。サバイバルのノウハウを体験型で記していきます。

【初心者向け実例】持続化給付金 e-Tax申告の「受信通知」 その出し方は

持続化給付金はオンラインで申請します。

個人事業やフリーランスは最大100万円、中小企業は最大200万円が支給されます。

申請の際、前年の売上が分かる確定申告書(一部)をアップする必要があります。その際、確定申告をe-Tax(国税庁のオンライン申告)でしている方は「受信通知」が必要になります。

受信通知はほかのオンライン申請でも必要に

「受信通知って何?」

mokuも悩みました。ここでは、mokuのようなシニア世代でも、分かるよう受信通知の出し方をていねいに解説します。

持続化給付金の申請が終わっても、e-Taxの「受信通知」はこれからも給付金や支給金、補助金のオンライン申請で必要になるかもしれません。

それぞれの公的支援においても、置き換えながら、参照してみてください。

なお、ここでは、65万円控除で青色申告した方を対象に説明します。個人事業主でもある程度の売上のある方はほとんどがこれではないでしょうか。

節税以外にもメリットが大きいからです。

青色申告の65万円控除ってなあに? そんな方は、確定申告をe-Tax(国税庁のオンライン申告)でしている方はいないと思われますので、このページを見ても意味がありません。ご注意ください。

確定申告書類は3枚が必要

持続化給付金の申請に必要な申告書類はこの2つです(青色申告65万円控除の場合)。

  • 確定申告書第一表(1枚)
  • 所得税青色申告決算書(2枚)

確定申告書第一表。事業所得をチェック

事業・営業等が記入されている申告書が給付の対象です。雑(その他)は当初対象ではありませんでしたが、途中で一部救済されました。ミュージシャンなど継続的に仕事をし、それが主たる収入源でありながら、雑所得として申告していた方が対象に加わりました。

アップする所得税青色申告決算書は次の2枚です。

3枚目以降は不要です。審査の対象は2枚目左上の月別の売上です。持続化給付金は昨年と今年の月別の売上を比べるからです。前年より50%以上売上が少ない事業主が給付の対象となります。

つまり、前年のこれがないと今年との比較をしようがありません。

確定申告をしていない方は給付金の対象ではありません。

こればっかりはどうしようもありません。

青色申告決算書の1枚目

青色申告決算書の2枚目

確定申告書を税務署に提出した方(郵送を含む)はこの2枚の「控」えをスキャンしてアップすればいいわけです。スマホで写真を撮ってもかまいません。ただし、控えには収受日付印(税務署の受付ハンコ)が押されている必要があります。

e-Taxの確定申告書の追加で必要になるのが「受信通知」

一方、マイナンバーカードを使ったe-Tax申請です。上記の申告書類とともに、追加でアップする書類があります。

それが、受信通知です。

受信通知の説明はマニュアルにはこうあります。

受信通知
申告者の氏名又は名称、提出先税務署、受付日時、受付番号及び申告した税目等が表示された、申告等データが税務署に到達したことを確認できるメール詳細がわかるもの

e-Taxで確定申告した際、「たしかにあったな」、という記憶がありますが、どこにあるかわからない方がいるかもしれません。mokuもそうでした。

受信通知を入手する三つの方法

ログインから入手する方法

通知書にたどりつくまで、複数の方法があります。ざっと三つの方法を見つけました。

まずは、e-Taxのメインサイト(HP)の右上のログインから入る方法です。

eTaxホームページへ

前年とはリニューアルされました。使いやすいかどうかは分かりません。

ページ右上のログインをクリックしましょう。

下にスクロールすると次のような画面になりますので、「受付システムのログイン画面へ」をクリックしましょう。

右側の「e-Taxのログイン画面へ」からも通知書を入手できますが、ここでは割愛します。

各ソフト・コーナーから入手する方法

別の方法もあります。トップページから「各ソフト・コーナー」というボタンがありますのでクリックしてみてください。

次のようなページになりますので、「メッセージボックス等を確認する」の「受付システム」をクリックします。

確定申告書の作成コーナーから入手

e-Taxのメーンポータルからではなく、国税庁の確定申告書等作成コーナーからも入手できます。

このように「ログイン」経由、「各ソフト・コーナー」経由、「確定申告書等の作成コーナー」のどれでもかまいません。

ためしに全部やってみてもいいかもしれません。

ただ、突っかかりがちなのが、利用時間と対応ブラウザー(サイトを表示するソフト)です。

mokuはかなり、イライラしました。

こんな警告はおなじみ あきらめて対処

下記のような画面が出てしまったら、システムは休止中です。たびたび休止します。稼働している日時を見計らって入りましょう。

時間外やメンテナンス中の画面

また、下のような画面が出たら、ここを参照にしてみてください。ブラウザごとに事前準備を促されます。

いかに、e-Taxのシステムが使いにくいかが分かると思います。

対応ブラウザーによって、対応に苦慮するかもしれません。

以下が現在(2021年1月現在)の国税庁の対応ブラウザーです。Chromeも使えるようになりました。

ただ、そのために事前準備が必要になります。たとえば、Chromeを使うなら、 ウェブストアに飛んで、拡張機能を追加しなければなりません。

マイナンバーカードを読み取り、受付システムへ

それでは続けます、このような画面が出たら、マイナンバーを読み取りましょう。

カードリーダーとマイナンバーカードを用意します。

ちなみに、「マイナンバーをお持ちの場合」の下に利用者識別番号の入力がありますが、それだと個人ベースで見られる国税庁からの通知に制限があります。

必ず、マイナンバーカードを入手してください。

ここまで来たら、終わったも同じです。

ICカードリーダーをパソコンにUSBでつなぎ、マイナンバーカードを挿入し、読み取ります。すると、マイナンバーカード取得時に設定した4桁の数字の入力を求められます。

マイナンバーを入手したときに設定した4桁の数字です。

受付システムのメインメニューです。メッセージボックス一覧の「確認画面へ」をクリックしてください。

メッセージボックス一覧が表示されます。

それらしいのが見つからなかったら、過去分表示をクリックしてみてください。

e-Taxで確定申告をして受理された人はそれらしい通知があるはずです。

ありましたね。ついクリックしましょう。

受信通知は添付書類としてアップ

ふう、これです。これが受信通知です。

これをイメージとして保存するには次の方法があります。

  • 印刷してスマホで写真を撮り、自分あてメールに送る
  • キャプチャー(スクショ)してパソコンに保存する
  • プリンターでスキャンして、パソコンに保存する

そのうえで、持続化給付金の申請において、受信通知をアップするところはここです。

使いにくいe-Taxシステム

いろいろ説明してきた感想としては、e-Taxのシステムは使いにくいというより、シニア世代は難しくてほとんど使えません。

「e-Taxかんたん」などと思わないほうがいいでしょう。使っているブラウザだけでも、右往左往します。

そもそも、100人いたら100人の税申告の個別事情は異なります。個人事業と法人の税体系も違います。個人申告でも、複雑に入り組んだ所得控除などがあります。そして、総合課税、分離課税、消費税も……。

まして、税制度は毎年変わります。それを一つのシステムで網羅しようというのだから、例外だらけで複雑にならざるをえません。どんどん使いずらくなっている気がします。国税庁が悪いわけではありません。

コメント欄にみなさんの感想もお寄せください。

※このページはリンクフリーです。国税庁、税理士、行政書士らからのリンクもかまいません。また、この記事を見て、非公式にアドバイスがもらえると助かります。それに基づき、記事更新をします。なお、当記事による、利益、不利益は免責とさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です